スキンケアをしていても肌が汚くなるのはどうして?

スキンケアをしていても肌が汚くなるのはどうして?

しっかりお肌の手入れをしているつもりでも、毎日のメイクや日々のストレスなどがお肌に負担を掛けています。
そのために肌が汚くなることも多いのが現状です。
では、どんな点が女性の肌を汚くしているのでしょうか。

メイクをしっかり落とす

まずはじめに挙げるのが、メイクがきちんと落とせていない場合です。
化粧品は油分を含んでいますが、これをしっかり落とさないと皮脂と結合して酸化し、活性酸素を作り出して過酸化油脂という刺激物質になってしまうのです。
「私は毎日しっかりメイクを落としているから大丈夫」という女性でも、実際には落とし切れていないこともあります。
日々のクレンジングできれいに落とせているかどうかをチェックするためには、洗顔後に化粧水をコットンに含ませて目元や頬などに密着させましょう。
そのときにコットンに化粧品がついているならメイクは取り切れていないので、クレンジングの方法を変えるなどの対策が必要です。

美容PR★:サエル 口コミ

睡眠をしっかりとる

二番目が、睡眠不足です。
肌はターンオーバーという新陳代謝によって新しく生まれ変わっています。
ターンオーバーに必要な成長ホルモンは睡眠時に多く分泌されますが、睡眠をしっかりとれていないと成長ホルモンの分泌が少なくなり新陳代謝がしっかり行なわれないので肌も生まれ変わりが十分にできなくなってしまうのです。
ターンオーバーをしっかり行なうのであれば、8時間ほどの睡眠が必要です。

便秘を解消する

三つ目として、便秘も原因となります。
便秘になるとニキビができるという人も少なくないように、便秘は腸の中に老廃物が長期間留まった状態になり自律神経の働きを悪くしてしまいます。
そのために皮膚の血行が悪化して皮膚トラブルが生じるのです。
また、腸内環境が悪くなると悪玉菌が増え腸内に発生した有害物質が肌に到達して肌荒れを引き起こしてしまいます。
便秘はヨーグルトなどの乳酸菌を摂ることや軽い運動を続けることなどで解消できることも多いです。

正しく自分に合ったスキンケアをする

さらに、スキンケアのやり方が間違っているという場合も少なくありません。
今や情報社会ですから、いろいろなスキンケアの方法が溢れていますが、その中には間違ったものや自分に合わないものも存在しています。
したがって、正しいスキンケア方法を知ること、自分に合ったスキンケア方法を見つけることが大切です。

広告PR:クレンジング ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です